ミドル臭の特徴って

ミドル臭の特徴ってどんなことがあるのでしょうか。
ミドル臭は30~50歳代でもっとも臭うようになります。

ミドル臭は、汗の中の乳酸が皮膚の常在菌に分解される時に発生する臭いです。
ミドル臭は、古い油のようなとっても不快な臭いなのです。
ミドル臭が発生する主な場所は、頭頂部から首にかけての部分です。
頭の後ろ側が発生源なので、枕に臭いが付きやすくなりますので、枕の臭いからミドル臭が出ているか把握できることがあります。
このようなことがミドル臭の特徴になります。

それでは、そんな不快な臭いの1つであるミドル臭は対策が出来るのでしょうか。

上記の通りミドル臭が発生する主な場所は、頭頂部、後頭部、首の部分ですので、毎日のシャンプーで対応が出来そうです。
洗髪する際に、まずはお湯で汚れを洗い流します。
襟足から頭頂部にかけてしっかりと洗ってゆきます。
髪の毛だけでなく頭皮をしっかりと洗うことが大切になります。

そして、シャンプーを洗い流す時も指で頭を洗いながらしっかりと洗い流します。

ミドル臭の特徴を知っておくと、誤った対応をしないで済むようになります。
そして、日ごろのちょっとしたことを注意することによって、不快なミドル臭の対策も出来ますので、まずは洗髪を気にすることから対策を始めてみてはいかがでしょうか。

デオドラントが出来るフットクリームで臭い対策をする