歯科衛生士さんの仕事って何をするのか

歯科衛生士さんの仕事って何をしているのでしょうか。
歯医者さんの補助をしているようですが、実際はどんなことをしているのでしょうか。

歯科衛生士になるには、専門学校や短大などを卒業して国家試験を受験します。
その国家試験に合格すると歯科衛生士の資格を得られます。

国家資格を持っていますので、患者さんの口の中を触ることができます。
歯科医師と全て同じことは出来ませんが、歯石の除去や歯のクリーニングなどを行うことができます。

歯科衛生士と似ている仕事に歯科助士という仕事があります。
数人のスタッフがいる歯科医院だとこの両方の方が働いている場合があります。

歯科助士には資格は基本的に必要ありません。
民間の資格はありますが、絶対に必要ということではありません。
国家資格がありませんので、歯科助士は患者さんの口の中を触れません。
歯科医師の助士みたいな仕事です。
唾液の吸入をしたり、治療器具を揃えたりします。

このように、歯科衛生士さんは国家資格を持っていて患者さんの口のなかを触れてる施術を行っているのですね。
歯科衛生士さんがいると歯科医師はより高度な治療に専念をすることができ、分業をすることが可能になるということなのです。

ホワイトニングを自宅でしたいが人気の商品はどれか