自分で出来るむし歯予防とこどもにするむし歯予防

むし歯というのは産まれてから3歳までのケアがたいせつだといいます。昔はこどもにあげるものは親がかんであげていたというが、それが原因で虫歯になると言われるようになり、テレビでもよく見るようになってきました。

私も子どもがふたり、こどもにあげるものはハサミで切ってあげるようにしてます。さて、むし歯予防についてですが、私はもともとむし歯ができにくいと思っていました。しかし、むし歯ができにくいというのではなく、むし歯の原因になるものをあまり好んで食べてなかったのだと思います。そこで、私がおすすめするむし歯予防方。それは朝起きてすぐ歯みがきをする、お菓子はたべない、歯に何かが挟まってしまったら出来ればすぐ歯みがきをする、夜寝る前に歯みがきをする。等ですね。特に難しいと感じる事はないと思いますが、これだけでもむし歯予防になるのです。そして、最初に少し書きましたが、子どものむし歯予防ですが、やはり親が口にしたものはあげないというのが一番大切だと思います。そしてある程度月齢が進み、ものがたべられるようになったり、歯が生えはじめたら歯みがき習慣をつけることが大切です。歯の生えはじめの頃はまず、口のなかにものが入ても嫌がらないように癖をつけるのがいいと思います。それが結果的にむし歯予防になるのかなと思います。リリーホワイトの効果